交通事故を起こすと損害賠償を支払うことになります

自動車はとても便利な乗り物で、さらに友人や家族などと一緒の空間で移動できるので、楽しい時間になること間違いないです。この楽しい乗り物が一瞬にして、悲しい出来事になる可能性もあります。運転していて楽しくなってきて、周りが見えなくなり事故を起こしてしまった場合、相手に賠償金を支払わなければいけません。相手が怪我をしたり、完治しない身体になったりと怪我の具合で、賠償金の額が変わってきます。相手が完治しない怪我をすると、莫大な金額を支払うことになります。そのときに自分が加入している自動車保険で、上限はありますが賠償金を負担してくれます。相手の車を壊してしまったら、その修理代も払うことになります。交通事故の損害賠償は自分の人生が大きく変わってしまうので、安全運転をして金銭面の部分で苦労しないようにしましょう。

交通事故の損害賠償は弁護士に相談で安心

交通事故の被害者が加害者に請求する損害賠償の額は、示談交渉で決定されます。示談交渉というのは、交通事故の当事者どうしが解決のために設ける話し合いです。事故が大きいほど、後遺障害が残るなどで損害額は大きくなりますから慎重に示談交渉を進める必要があります。またほとんどの自動車保険には交通事故の際の示談代行サービスが付いているので、加害者側からは保険会社の担当者が交渉にあたります。被害者に知識があればよいのですが、保険会社は示談交渉のプロですし賠償額をできるだけ抑えたいという立場で交渉しますから、安い賠償金を提示して示談を急ぐというケースがよくあります。被害者は加害者側から示された賠償額が正当なものであるかどうかを見極めなくてはなりませんが、ひとりで交渉するのが難しい場合は弁護士の先生に味方になってもらい示談の代行を依頼するのが一番いい方法です。

交通事故の損害賠償交渉を代行できるのは

交通事故で損害を被った被害者が相手に対して損害賠償請求できる項目は、医療費・休業補償・慰謝料・後遺障害が残ったことによる逸失利益など多岐にわたっていてとても複雑です。いくら損害賠償請求するかは被害者と加害者の話し合いつまり示談交渉で決めますが、加害者は自動車保険に付いている示談代行サービスを利用するので加害者側の保険会社と被害者の話し合いになります。この時、加害者側の保険会社としては賠償額を極力抑えたいので、低い基準で計算した損害賠償額を提示してくることがよくあります。被害者が十分な知識を持って対応できればよいのですが、多くの場合提示された金額が正当かどうかを自分で見極めるのは困難です。そこで賠償額で損をしないためには、弁護士の先生に示談をサポートしてもらうのが一番です。弁護士の先生なら、慰謝料など正当な基準で計算して請求してもらえますから被害者は損をしなくてすみます。示談代行については、けがの治療中などで無償であれば親族や友人が交渉の代理人になることができますが、有償で示談交渉を代行できるのは弁護士の先生だけです。

相談料無料、着手金0円、終了時:20万円+受領額の10%(消費税別途、弁護士特約ない場合)。 もしも交通事故にあってしまった時、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉をスムーズに行えます。 中村・橋本法律事務所のサイトでは交通事故にあってしまった時に必要な知識をご紹介しています。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 交通事故の損害培養のことならおまかせを!